片付けが苦手な方は必見!片付けが上手くなる5つのコツを教えます

マイホームを購入すると賃貸物件よりは、間取りも多く延べ床面積も増化するのが一般的なのでモノをおくのに制限を感じることが少なくなります。特に最新の住宅では収納スペースも大容量が確保されていることが多いので、モノを溜め込んでもそれほど生活上の不都合を感じることは少ないように配慮されています。しかし油断は禁物で油断をすると屋内がモノであふれかえり、片付けるのも一苦労という事態に遭遇するシチュエーションも十分ありえます。特に都市部でも地方でもしばしば問題になるゴミ屋敷問題、自分には無関係をタカをくくるのは危険です。誰もが年齢を重ねるのは回避できません。体力が落ちれば掃除するのも困難で、モノがあふれかえる深刻事態は回避する必要があるのです。それではうまく片付けて整然とした環境で生活するにはどのような点に留意するべきなのでしょうか。

まずシンプルなことですが、物を置かないことを常に意識することです。机や棚など、とりあえずモノを入手したときは一時的に保管場所を確保したつもりになっていますがここに落とし穴があります。机や棚などは確かにモノを収納したり、置き場所を提供する性格をもっているのは確かです。しかし無意識に物を置いていると収納機能を超えるほどのレベルにモノであふれかえることもあります。消耗品やできる限り早い段階で消費したり、季節の意匠などはシーズンの変わり目にクローゼットに生理するなどして、物を置かない習慣を実践することが大事です。

物を置かないこととの関連で問題になるのは、捨てる癖をつけることにあります。購入したときには必要と判断していたのに、良く考えてみると衝動買いが判明するのは誰もが経験するところです。いつかは活用する機会があるのでもったいない、などと考えることはないでしょうか。例えばファッションアイテムならタンスの肥やしになっているものは、オークションに出したり買い取り店に出すなどして、捨てる癖をつけることを週間化することがモノがあふれないためのポイントの一つになります。そして実際にモノを片付けるときはあえて完璧を目指さないことです。完璧を目指さないでこまめに片づけを繰り返し実践することで、長期的スパンで整然とした住環境を目指すのも懸命な戦略です。またモノ捨てられない方は、必要のないものを区別することがキーストーンになります意識的に必要のないものを区別することで真に必要なモノを選別することで整理収納を効率的に進めることが可能になるでしょう。