東京から程近い千葉や埼玉で中古住宅を買うメリットとは?

首都圏、とりわけ東京23区内に就業場所を抱えている方は関東地方では数多くいるはずです。
職住近接という言葉に象徴されるように住まいの本拠と職場は距離的に近接している方が、日常的にも生活上の負担が少なく好まれる向きがあるのは確かなようです。
この言葉は首都圏や大都市圏を除く地方在住にあっては大いに妥当すると考えて間違いありません。
しかしながら東京都23区内といった世界有数の地価の高いコンディションにおいて、職業と生活のあり方を検討する上においては別途の考慮を必要とすると考えるのがむしろ賢明なようです。
それというのも新たに居を構える30代から40代の平均年収を前提にする限り、東京都23区で相応の生活スペースを確保することは現実的に選択可能なのは世帯年収1500万円程度は確保する必要があるからです。

とはいっても東京都心に就業場所を構えている限りでは、確保可能な収入をもとに居住地を選定する必要に迫られます。
職場に近い場所での住居確保が現実的に困難であるならば、第二選択として各社私鉄でアクセス可能な地域の通勤圏内で住居を確保する必要に迫られます。
ただ資材価格の上昇や建設業界で慢性化している人手不足を背景にして、新築住宅の建築価格は上昇トレンドが継続しており今後もこの傾向に変わりはないと見られます。
そこで注目を集めるのが神奈川や千葉・埼玉、少し足をのばして山梨まで首都圏周辺の通勤エリアに中古住宅を購入するという選択肢です。
神奈川や埼玉・千葉などは従来より首都圏の一翼を形成し居住エリアとしての魅力は広く認識されてきました。
これに昨今の私鉄の交通網の充実の結果、山梨エリアも首都圏に勤め先をもつ諸氏にとっては、住居を構えることを可能にするに至っています。

神奈川や埼玉、千葉などの首都圏とその近郊で、中古住宅を購入することのメリットは、交通アクセスが充実している割には自然が豊かで家族での平穏な日常生活を送るのにふさわしい静謐な環境での日常生活を送ることが叶うことを指摘することが出来ます。
またベッドタウンを前庭にした都市計画が実行されていることもあり、買い物のための商業施設や健康上の問題に直面した時に必要になる医療施設も比較的充実していることも指摘することができるでしょう。
もちろん東京からの距離に比例して通勤時間が長くなるなどのデメリットがあるのは事実です。
しかし、それ以上に首都圏近郊で中古住宅を購入することの経済性や利便性に注目が集まっているのです。

もっと知りたい千葉の利便性の良さについて紹介します!

関東近郊に中古住宅を構えるメリットについて紹介してきましたが、筆者は強く千葉県をオススメします。
千葉県にはJR総武線や京葉線を始めとした東京への路線や、成田空港の存在など交通の便の良さが挙げられます。
また、幕張メッセやディズニーランドといった施設もあり、イベントごとにもすぐ参加することができます。
中古住宅の価格も東京に比べれば安く済むため、格安の中古物件を見つけリフォームを行うといいでしょう。
リフォームを千葉県で行う際に参考にすべきサイトもネット上にはあるため、興味を持った場合は一度調べてみることをオススメします。