暮らしの中で役に立つアプリをご紹介します

現在では日常生活でも就業上も必要不可欠な存在になっているのがスマートフォンを中心とした携帯端末になります。スマートフォンのメリットは電話としての機能にとどまらず、各種のアプリを利用して色々なシチュエーションの問題解決に役立つことが出来る点にあります。そこで日常生活にライフハック的な活用が叶う代表的なアプリを御紹介します。

毎月使用できる家計費には限りがあるので、家計簿をつけて収支の動向を把握するのは古典的な手法のひとつです。しかし紙ベースの家計簿を毎日間断なく記録するのは、根気と労力を必要とします。レシートの山を前にして挫折する向きも多いのではないでしょうか。そんな面倒な家計簿を簡単に実践できるアプリが家計簿Zaimになります。家計簿Zaimの特徴は、レシートを写真で撮影するだけでしっかり記録している点です。しかも費目についてもデフォルトで用意されているので、レシートを撮影するだけで面倒な家計簿の記帳もアプリが代理して済ませてくれます。おまけに電気料金などの固定費用については自動引き落としなどの繰り返し入力機能が便利。クレジットカードの利用履歴からも支出を記録するので、支出の全体像を把握するのは簡単です。

女性の方にとって生理周期を知ることは体調管理において重要なだけでなく、妊娠などの家族計画を実践するうえでも重要です。ルナルナは2000年にサービス提供を開始したアプリ。ルナルナを活用することで排卵日や月経周期などを個人差の大きいデリケートな情報も、正しく把握認識することを可能にします。

主婦の方にとって毎日の食事作りは、食費の面でも健康管理のためのメニュー作りの上でも頭の痛い問題を提起しています。こんな問題にサポートするのがシュフーと、MENUSになります。シュフーはお住まい近隣のスーパーのチラシ情報などを提供してくれるアプリです。店舗から半径2㎞のユーザーの方にタイムセールや各種の売り出しスケジュールや、クーポンなどのチラシ情報を提供してくれるのが特徴です。そして毎日の料理メニュー作りをサポートしてくれるのが、MENUSになります。MENUSは健康を意識した料理や、その日の気分に合わせて最適の献立を提案してくれるのが特徴です。料理メニューは栄養学などの専門家の観衆の元、おいしく召し上がることが出来るばかりか、パーソナルな情報に基づき400万種以上の献立の中から提案してくれます。