引っ越しはなかなか出費が大きい・・・安く抑える方法とは?

マイホームを購入した場合や、転勤などのシチュエーションに遭遇したときには引っ越しをすることが必要になります。転居をするときに必要になる引越しでは、何かとキャッシュが必要で合算すると相当な金額の現金の確保に迫られることもしばしばあるのです。時間的にも地理的にも制約を受けることが多いので、引っ越しに伴う費用を節約するのは必ずしも容易なことではないでしょう。ただし対策が皆無と言うわけでもありません。そこで引っ越し時の出費を抑えるための対策を検討してみます。

引越にまつわり人材不足が深刻化しています。従来であれば引越し件数が増加する春先や秋口などのシーズンが到来すれば、臨時にスタッフを調達することで対応可能でした。ところが近年では人手不足が慢性的になり、必要なスタッフの確保に運送業者はあえいでいるのが現状です。引越間際に運送業者を確保しようにも、繁忙期では費用も高額になりがちです。そこで可能な限り早い段階で引越し業者に見積もりをとってもらうことが必須と言えます。夜間や休日などが割り増し料金になるので、曜日や時間帯などもある程度、利便性を犠牲にすることです。時間帯や曜日一つで費用の節約につながります。

また賃貸住宅に入居するときに請求されることが多いのは、敷金や礼金などの一時金です。敷金や賃料の不払いや賃借人の不手際に起因する損害賠償を填補する趣旨で交付する現金のこと。これに対して礼金は賃貸物件を確保してくれたことを大家に表す意味で地方の慣習として支払われているようです。敷金や礼金を合わせると3ヶ月以上の家賃程度の金額になるので、空き室増加の一因になっています。現金を一時に支払うのが難しいなら、大家と分割払い交渉を行うのも選択肢の一つと言えます。もっとも敷金や礼金の分割払いの交渉に応じてもらえるかは、不確定なのは確かです。最近では空き室リスクを回避するべく、敷金や礼金の一部や全部を不要とする大家も増えているようです。賃貸不動産のポータルサイトでは敷金不要物件を特集していることもあるので参考にするのもいいでしょう。そして引っ越し費用を大きく削減できる物件として注目を集めているのがフリーレント物件です。フリーレント物件とは二週間程度から2カ月程度の賃貸料金の支払いを免除するというものになります。入居前後の賃料の二重払いなどを回避できるので人気を集めています。しかし応募が殺到するので実際にフリーレント物件をゲットできるのは難しいのが現状です。